2022年3月26日土曜日

FreeBSD で libxml2 のアップデートしたら,多くのアプリケーションが動かなくなった

 2022年3月26日に FreeBSD 上のアプリケーションのアップデートをしていたら,急に多くのアプリケーションが動かなくなった。 その顛末を書こう(まだ終わってないけど…)

 ことの起こりは FreeBSD 上で portupgrade をしたことに始まる。 まぁ,ホントは他のアプリケーションのアップデートができない,といわれてごそごそやっていたのだが…。 そのごそごそやっている時にメモを残しているのだが,そこで新しく emcas でファイルを作ろうと思った。 そしたらいきなり
ld-elf.so.1: /usr/local/lib/libxml2.so.2: version LIBXML2_2.4.30 required by /usr/local/bin/emacs not defined
と言われてしまった。

その時点での libxml2 のバージョンは
% pkg info -aI | grep libxml2
libxml2-2.9.13                 XML parser library for GNOME
py38-libxml2-2.9.13            Python interface for XML parser library for GNOME
py38-lxml-4.8.0                Pythonic binding for the libxml2 and libxslt libraries
だった。「libxml2」自体のバージョンは「2.9.13」だった。 説明を見る限りでは,この libxml2 は GNOME 上で XML のテキストファイルの解析(解釈?)をするものみたい。 なので,GNOME 上で動きそうなアプリケーションではかなり影響を受けそうな感じだった。 私の場合はそれが emacs だった。

2022年3月17日木曜日

Android スマホを,Mac アドレスフィルタリングしている Wi-Fi につないだ話

とある場所での Wi-Fi の接続で Mac アドレスフィルタリングがかかっている。 そこに新しく買った Android スマホをつなごうと思ってもうまくいかなかった。 なんどやっても,Mac アドレスを調べ直しても同じだった。

と,ふとスマホの今つないでいる Wi-Fi の設定の「詳細設定」を見ると「ランダム MAC を使用(デフォルト)」という項目が目に入った。 そこをタップすると「ランダム MAC を使用(デフォルト)」と「デバイスの MAC を使用」というのが選べるようになっていた。 そこで「デバイスの MAC を使用」を選ぶと Wi-Fi につながった…。

最近は Mac アドレスは簡単に変更できるので,Mac アドレスフィルタリングは意味がないという話になっている。 しかし,ちょっと前に設定されている Wi-Fi だとそれが残っていたりする。 今回はそこでひっかかった。Mac アドレスを登録してもらう時に Mac アドレスフィルタリングはもういらないからやめてほしい,といえばよかったか…

2022年2月23日水曜日

FreeBSD で print/tex-luatex/ と japanese/tex-ptex/ のアップデートがうまくできなかった件

 つい最近(2022/2/18 付)で,FreeBSD 上で ports を使った gdal のアップデートがうまくできなかった件について書いた。 その時は,最終的には gdal を一度 pkg delete してインストールし直すとうまくいったのだが,今回も同じだった,というお話。

 現在,個人的な web site 用に FreeBSD を運用している。 今のバージョンは「FreeBSD 12.2-RELEASE-p7」となっている。そろそろ 12.3 とかに上げないといけないかなぁ,と思っているところ。 それはさておき,今回も前回の gdal の件と同じく,ports 経由で portmaster を使ってアプリのアップデートをしようとした。 すると,うまくアップデートできないものがあった。

それが
・tex-luatex-0.80.0_24 
・ja-tex-ptex-3.6_1 
だった。

 実は,他にも print/texlive-full とか print/tex-dvipdfmx もエラーが出たのだが,各 ports に移動してから「make install」としたら,重複したアプリがあるから一度「make deinstall」してインストールし直せ(make install),と出たので,その通りにしたらちゃんと最新アプリをインストールできた。 しかし,luatex と ja-tex-ptex はそれでもだめだった。

2022年2月22日火曜日

Mac mini Late2104 の SSD (NVMe M.2) 交換の覚書き

 1個前の投稿で書いた,Mac mini Late2014 に入れいていた NVMe M.2 2280 の SSD の入替えだが,一段落したので,備忘録を兼ねてうまく行った時の手順を書いておこう。

 ちなみに,SSD は ADATA の XPG GAMMIX S11 を Crucial の CT1000P1SSD8(P1 シリーズの 1TB モデル)へ,また別の Mac mini Late2014 で P1 シリーズの 1TB(CT1000P1SSD8)から CT1000P2SSD8(P2 シリーズの 1TB モデル)に入れ替えた。どちらも今のところ(2022/2/23 現在)うまく動いている。現時点での OS のバージョンは macOS Moterey (ver. 12.2.1) である。

(1) SSD の差し替え
 まず SSD を入れ替える。その際,気をつけないと SSD 締め付け用のネジがやられる。 実は今回ネジがやられてしまった…。仕方ないので,テキトーに動かないように厚紙を挟んでごまかしている…,いいのか??
(これについては,後日直径 2mm の長めのネジを使い,無駄にナットを使って長さを調整して解決した)

(2) SSD のフォーマットのためにマシンを起動する
 新しい SSD をセットしたら,まずはフォーマットしないといけない。 その後の復元作業を考えるとマシンの電源投入時は以下のようにするのがよい。
電源投入時に「option + command + R」で起動

こうすると,フォーマット用のディスクユーティリティの他,OS のインストールソフトも最新バージョンのものをインターネットからダウンロードしてくれる。 実は今回,深く考えずに「command + R」つきで起動し,OS のインストールをしようとしたら,なんと Yosemite(ver. 10.10)をインストールしようとした。 そのせいか OS X ユーティリティも SSD を認識してくれなかったし…。やはりこの辺りのソフトは最新のものがいいみたい。

しかし,「command + R」で起動した場合にどのバージョンの OS になるかは,どうやって決まってるんやろ? どうも,機種とか場合によるみたいやけど,実はわかっていない…,ははは。

2022年2月21日月曜日

Mac mini Late2104 の SSD (NVMe M.2) の入替えで苦労した話

 NVMe M.2 2280 の SSD(ADATA 製 XPG GAMMIX S11)の入った Mac mini (Late2014) の OS-X のバージョンを Big Sur(バージョン 11)から Monterey(バージョン 12)にアップデートしようと思ったのだが,Apple と互換性のない SSD ではアップデートできません,と言われて困ってしまった,というお話。

 実はうちにはもう一台 Mac mini (Late2014) があるのだが,そちらではちゃんとアップデートできていた。なぜ?と思ったのだが,2台目の方は Crucial の CT1000P1SSD8(P1 シリーズの 1TB モデル)を使っている。なので,まずは SSD のメーカーの違いか?と思った。世の中のコンピューターは Windows でないと動かないサードパーティ製のパーツも多い。Macintosh で動いても,管理用のソフトが働かない,とかもよくあるし…。

 そこで考えたのが SSD の交換。ネットで探すと Crucial の P1 シリーズはもう廃版になっていて,P2 シリーズになっているみたい。しかし,値段は P1 を買った時よりもかなり安くなっている。 SSD も永久に使えるわけじゃない(ということになっている)ので,ここらで更新してもいいかな?と思い,ネットで CT1000P2SSD8をポチッとしてみた。これは CT1000P1SSD8 の後継の P2 シリーズの 1TB モデル。 それを使って1台目の Mac mini の SSD を入れ替えてみた。入れ替え自体は道具もあるし,もともと自分で入れたのであっと言う間だった。 また,データはもともと付いていた HDD をバックアップ用として Time Machine でバックアップしてある。

 そして Mac mini を起動すると,まずは「起動ディスクがない」ということで,通常でも「Command + R」を押した状態で起動した時と同じように,ディスクユーティリティーやら Time Machine やらの選択画面になった。ここまでは予定通り。

2022年2月18日金曜日

FreeBSD で graphics/gdal/ のアップデートがうまくできなかった件

 現在,個人的な web site 用に FreeBSD を運用している。 今のバージョンは「FreeBSD 12.2-RELEASE-p7」となっている。

そこで,ports 経由でアプリケーションを管理しているが,portmaster でアプリのアップデートをしようとすると「gdal-3.3.3_2」のアップデートでエラーがでた,という話。

 まずは,いつものように「# portsnap fetch update」で ports を最新にし,それから「portmaster -aDG --no-confirm」でアプリケーションをアップデートしようとした。 すると,なぜか「gdal-3.3.3_2」から「gdal-3.4.1」へのアップデートでエラーがでた。
エラーメッセージは以下のような感じだった。

2022年2月6日日曜日

Mac mini (late2014) に入れた SSD (Crucial) の Firmware アップデート

 今,Mac mini (late2014) を使っている。結構古いマシンなのだが,ストレージを SSD (NVMExpress) にするとそれなりに使えている。 現在,Crucial の CT1000P1SSD8 という P1 シリーズの 1TB のものを入れている。なかなかに調子よく使ってる。 これはインターフェースが NVMe (PCIe Gen 3 x4) というもので,基本的にボード上の PCIバスに直結して使うタイプのもの。コネクタおよび大きさは M.2 (2280) と表現される(幅が 22mm で,長さが 80mm だったかな?) この SSD に替えてから,ストレージへのアクセス速度が向上して,以前あったようなストレージへのアクセスでの待ち時間のストレスがほぼなくなった。

ちなみに Mac mini (late2014) に SSD をインストールする方法については 「せきねさん家」の中の以下の記事を参考にした。
 ・Mac mini 2014にPCIe接続のApple純正ではないNVMe M.2 SSDを増設する(準備編:PCIeスロット取り付け)
 ・Mac mini 2014にPCIe接続のApple純正ではないNVMe M.2 SSDを増設する(取付編:変換アダプター)
 ・Mac mini 2014にPCIe接続のApple純正ではないNVMe M.2 SSDを増設する(インストール・フォーマット編)

 今回はその Crucial の SSD の Firmware のアップデートを行った。これも独自に調べたわけじゃなくて,Macでサムスン製SSDのファームウェアをUSBメモリやSDカードで更新する(NVMe/SATA両対応)を参考にした。「せきねさん家」には感謝に耐えない…。

2021年10月20日水曜日

Android スマホの LINE アプリの占領しているメモリを多少減らしてみた

 Android のスマホを使っている。それもどちらかというと安物のスマホを使っている。安物の安物たる所以は,一つにはメインの CPU の速度が遅い。かつ,カメラの性能が低い,さらにメモリ容量(PC でいうハードディスク相当やから,ストレージという方がいいか)が少ない,というのがある。最近は画像でもなんでも溜め込むので,それなりに大きな容量を持ったスマホも多いが,私のスマホは 32 GB しかない。それでもちょっと前までは 16 GB とかいうのもよくあったので,多少はましだけど…。ただ,Android スマホは micro SD カードを使えるので,カメラアプリで撮った写真は当然 SD カードに保存するように設定しているが,つい最近ストレージが 29 GB を越えた,とスマホに怒られた。特にアプリを増やしているわけではないのに,なんでかなぁ?と思って,スマホの設定にある「ストレージ」の中を見てみた。

ちなみに,右のスクリーンショットがその設定画面。画像をタップすると少しだけ大きな画像が見れる。

 ストレージは設定画面の下の方にある。見てみると,32 GB のうち,何バイト使ってるかがわかる。表示してる画像はメモリをましにしてからやから 24 GB 程度やけど,これが 29 GB もあった。それはさすがにまずいよなぁ。そこで,さらに「内部共有ストレージ」ってとこをタップすると,使用している容量の一覧が出てくる。 見てみると,「その他のアプリ」の 12 GB と「システム」の 10 GB がかなり幅をきかせてるみたい。そもそものシステムが 10GB って,32 GB のシステムにしてはでかくないかね?

2020年11月19日木曜日

六甲全山縦走・勝手にレベルを決めてみた(その2)

 以前(2016/12),勝手に六甲全山縦走の達成レベルを決めてみた。 そこでは,いろいろな状況での六甲全山縦走の達成状況から,レベル0からレベル7とマイスター級というのを決めてみた。 そのレベル設定はあくまで勝手に決めたことなので,なんの権威もないし,そのレベルになったからと言って賞品も賞状も何もない。 また,そこでは,時間として12時間以内に達成したらレベル5としていたが,それ以上の時間設定は怪我やトラブルのもとと思ってレベル判定には加えていなかった。 しかし,最近,トレランスタイルでの六甲全山縦走で多少早く宝塚に到達できるようになったので,レベルを加えてみようかな,と考えた,というのが今回のお題。

 でも,レベル7の上にレベル8とかを作るのは,怪我やトラブルのもとなので,違う名前をつけようと思った。 で,以下のようなレベルを考えてみた。あえてディスるような感じの名前にしているのは,無理して怪我やトラブルに巻き込まれないようにしてほしい,という願望が入っている。 しかし,個人的には敬意を表しているつもりである。
 いずれにせよ,早く宝塚に到達するのはそれなりの危険があるので,無理をしてはいけない。達成しても自己満足しかないので…。

おかしな人:11時間以内での六甲全山縦走達成
 まずは11時間以内で六甲全山縦走達成のレベルである。 これは「おかしな人」レベルだと思っている。普通の人は12時間以内でも結構たいへんなのに,それを1時間も縮めている。 この辺りから普通の人の感覚ではおかしな人と言っていいと思う(本人はそんなことは思わない,というのは十分にわかっている)。

2019年10月6日日曜日

ports からインストールした qt5-gui のアップデート時のトラブルについて

 これは 2019年9月〜10月に起こったことについて書いている(言い換えると,時間が経ったら根本的に解決してると期待している)。

 事の発端は,FreeBSD の ports からインストールしたアプリケーションソフトである「qt5-gui」をアップデートしようとしたことにある。 いつものように ports ツリーのアップデートを行い,アップデートすべきアプリケーションをアップデートしようとすると,この「qt5-gui」もアップデートの対象となっていた。

 この「qt5-gui」は,Qtというクロスプラットフォームの GUI ツールキットらしい。GUI なので FreeBSD や Linux など異なるプラットフォームでの graphical user interface 用のいろいろな便利なアプリケーションみたい。読み方は「キュート」らしい。 「qt5」はバージョン5かな? そのコアとなるルーチンが「qt5-gui」らしい。